home

日本保証やその他の動産担保ローン会社が低金利で多額のお金を長期で融資できるのは不動産を担保にしているからです。
不動産を担保にしてお金を融資する不動産担保ローン会社にとって、担保価値は審査する際重要視される項目の一つとなっています。
担保価値とは不動産評価額のことを指し、不動産担保ローンの融資限度額は不動産担保評価額の7割と言われています。
担保にする不動産の不動産評価額が借り入れたい金額の約1.4倍はないと希望する額の融資を受けるのは難しいです。
借入金額を減らすことが可能なら審査が通る可能性は高くなるので可能な場合は希望融資額の減額も検討してみましょう。

担保価値は土地、建物、貸しビルなど不動産の種類によって計算方法が違います。
建物は実際の売買価格、土地は路線価、貸しビルは収益還元法による評価で計算するのが一般的とされていて、他の計算方法だと建物は原価法による価格で評価、土地は公示地価、基準地評価などがあります。
一般的な方法だと審査のスピードも速い傾向がありますが、評価の方法は不動産担保ローン会社によって異なるので日本保証など不動産担保ローン会社に複数申し込んで少しでも評価額の高い会社に決めるのもいい方法の一つではないでしょうか。
https://snsh.co.jp/