home

フランチャイズ契約には、経営拡大したいフランチャイザー側と事業を始めたいフランチャイジー側の両方の負担を軽くできるというメリットがあるものです。
そのため、現代では数多くの企業がフランチャイズチェーン展開を行っています。
ただ、それらのチェーンの中には上手く行っているケースがたくさんある一方で、フランチャイザーとフランチャイジーが良好な関係を築けずメリットを享受できずにいるケースも少なくありません。
具体的には、契約期間はもう終わっているにも関わらずフランチャイジー側が商標やロゴを使用し続けているとか、対価を支払っているのにも関わらずフランチャイザー側から十分なノウハウや設備等の提供が行われないとかいったトラブルが起こっているのです。
そうした問題を解決するには、専門家の知恵を借りるのが一番です。
フランチャイズ問題を専門に解決してきた実績のある弁護士に相談をなさってみれば、自身の力だけで何とかしようとするよりも、納得できる形での和解が実現しやすくなるでしょう。
また、トラブルが起きてからだけではなく、本部を立ち上げる前や契約を結ぶ前に弁護士に相談をして、トラブル予防対策を万全にしておくのもおすすめです。
http://minami-fc.jp/