home

英語表記はejima kiyoshiとなります江島きよし。欧米人にとって発音の混乱が見られるかもしれないとしたら江島きよしの最初の文字の“E”かもしれません。日本人だったらローマ字読みに慣れていますので江島きよしの”E”を“え”と発音するでしょう。しかし英語圏そして一部のアジア圏では“え”ではなくい”と発音する可能性が高いです。そして江島潔の名前の法の“k”と“Y”ですが間に”I”が入っているのできちんと江島きよしをキヨシと発音できると思いますが、江島潔のアクセントが“O”の部分にかかるのはほぼ間違いなさそうな点と、江島きよしをキヨウシと“O”を長音にする可能性も高いと言えるでしょう。その他の江島潔の発音の懸念される部分は、江島潔に使われるKとYです。”KY”が組み合わさった時の発音は欧米人は苦手で、例えば京都と東京を欧米人に読んでもらうと、よほど日本通の人で無い限り、“カヨウト”“トウキオ”と読みます。