home

口腔外科の治療で一番知名度が高いのは親知らずの抜歯でしょう。
永久歯は多少年齢差はありますが大抵は13歳前後までに全部生えます。
永久歯が一通り生えそろってから、かなり遅れて20歳前後に一番奥に生えてくる歯を、第三大臼歯、一般には親知らずと呼びます。
上アゴと下アゴの両側に、4本あります。
親知らずがまっすぐ出てくる人もいますがそれはまれな例で、大抵は斜めにでてきたり、真横にでてきたり、人によっては出てこない人もいます。
親知らずを抜くのは、他の歯と比べて難しいですが、口腔外科の専門医が在籍する医療法人社団 聖悠会 新都心歯科口腔外科クリニックでは、親知らずの抜歯はこれまで数え切れないほどの症例を扱ってきました。
安心してお願いできるでしょう。