home

面接コボットは飲食店やサービス業のアルバイト求人を自動でロボットが対応するというものになっています。
パソコンからの利用はもちろんのことスマートフォンにも最適化しているため、どのような場所でも隙間時間で面接業務を進める事が出来るのです。
このようなサービスは人手不足に悩む業界にとって大きく力になると言われています。

では、具体的にどのように面接コボットを利用するのでしょうか。
まず、応募者からの連絡を受け質問を最大6件答えてもらいます。
そして条件に合致した応募者のみチャットボットに通し、自動で日程調整を進めるのです。
リマインドメールの自動送信機能も付いているため、面接担当者の負担を減らす事につながります。
こうして減らす事が出来た時間を他の業務に使う事が出来たり、有給消化などに役立てる事が出来るのです。

このようなサービスはRPAと呼ばれ、ロボットを人間の仕事に組み込む考え方として大きく注目されています。
現在の日本は少子高齢化によって人手不足が深刻な問題として取り上げられていますが、こうした人手不足はさらなる人員の負担増大へと繋がり負のスパイラルを招きます。
しかし、こうした新しい技術を使う事によって労働環境が改善され、人材が固定するだけでなく新しい人材も呼び込みやすい環境を作り出すのです。

【面接コボット】24時間365日面接の日程調整を自動で対応