home

近眼で目が悪く、普段からメガネやコンタクトを使わないと目が見えないような人は、目の状態の変化にはわりと敏感に気づくのではないでしょうか。
特に超がつくほどの近眼の人は、もともと網膜が弱い傾向にありますので、目に何かがぶつかるなどの強い刺激があると、簡単に網膜剥離を起こしてしまう危険性があります。
そのことを知っている人は注意しているでしょうし、メガネやコンタクトを作る際に検眼をするなどして、普段から自分の目の状態について知る機会も増えることになります。
むしろ、目がよく、メガネもコンタクトも必要がないという人ほど、注意が必要でしょう。
普段から自分は目がいいから大丈夫と思っていますので、その思いが過信につながり、病気を知らせるサインを見落としてしまうこともしばしばです。
飛蚊症は生理的な現象によって見られるものですが、時に重篤な目の病気が進行中であることを知らせるサインの役割も果たします。
急に黒いものが増えてきたり、視野が狭くなったりといったことです。
ただ、人間は両目で物を見ていますので、視野が一部欠けてきたとしても、もう片方の目がその視野を補ってしまいますので、なかなか気づきにくいという難点があります。
けれど、黒い点が増えてきたというようなことはどちらの目で起こっても気づけますので、飛蚊症から目の状態をチェックする習慣を身に付けておきたいものです。