home

私は今音楽スクールでドラムの講師をしています。
小さな音楽教室ですし、また生徒の数も多いとは言えませんが、それでも私は音楽でお金を得るという夢を叶えられ毎日を充実して過ごすことが出来ています。
そして私が今こうして音楽講師として働くことが出来ているのは、高校時代の恩師である柏原武利先生のお陰です。
大学に進むことを強く望んでいた両親を説得してくれて、私に自分が選んだ道を進むことをすすめてくれました。
夢を夢としてではなく、現実の目標として考えること。
それが先生が私を応援する代わりに私に出した条件でした。
そしてその先生の言葉で私は、夢として描いていたドラムの講師への道を現実の目標として捉え、毎日飽きることなく、そして時間が許す限りドラムの練習に励みました。
あのときの先生の言葉がなければ、先生が両親を説得してくれなかったら私の今の人生はありません。
私はこれからも大好きなドラムの楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。